採用情報RECRUITMENT

大島 脩平(室蘭勤務・2016年入社)
三浦 拓巳(札幌勤務・2016年入社)

「活気あふれる職場」という言葉が本当に合う職場だと思います。

大島 脩平
(室蘭勤務・2016年入社)

-入社のきっかけを教えてください。

きっかけはハローワーク主催の就職マッチングフェアでした。
様々な求人情報が載っている冊子をいただき、どこを受けようか迷っているなかで、
この業界に興味を持ったのは、海産物が好きだった、釣りによく行っていたという単純な理由でした。
実際に面接で仕事内容の説明を受けてみると、その内容に面白みを感じ、この会社への入社を希望しました。

-職場の雰囲気はいかがですか?

「活気あふれる職場」という言葉が本当に合う職場だと思います。
セリが始まると気合の入った声が響き、気が引き締まります。
初めはセリの進行の速さに戸惑う日々でしたが、わからない時は先輩社員の皆様に詳しく教えてもらえるので、落ち着いてしっかり学ぶことができました。

-今の仕事内容を教えてください。

今の仕事内容は、店舗のチーフ、バイヤーの方々と電話で交渉し商品を納めたり、直接商談に行くこともあります。
また、冷凍商品を扱っており、出庫から納品までを手配することや、タラ等の生魚を半身にする加工業務も行います。
生のマグロも扱っており、マグロを捌くこともあります。

-仕事のやりがいはどんなところですか?

一つ一つできることが増える感覚を実感できることです。
お客様に商品を間違いなく納品することはもちろん、魚も様々なものの加工を行うので、
今ではタラ、カレイ、ハモ、マグロなどもおろせるようになりました。
また、自分で商品を売るようにもなり、今では担当店舗も持ち、商談も行ったりと、
先輩社員がしていることを少しずつ出来るようになる感覚に自分の成長とやりがいを感じます。

-入社してから自分が変わったなと思うことは?

特に味や金銭感覚の面で細かいことを気にするようになったと思います。
今まではスーパーで並んでいる魚などにも、鮮度というものをそこまで気にせず、
ただなんとなくおいしそうなものを選んで食べて満足していましたが、
今では物を見て極力鮮度のいいものを選ぼうという意識が生まれました。
金銭面においても、何十円という差をしっかり確認するようにもなり、
お店ごとの値段を確認し、少しでもお得な店を選ぶようにもなりました。

-これからの目標を教えてください。

仕事においても大事な感覚で、鮮度をすぐに見分ける目を持つこと、
状況、季節によって変わる魚の相場を判断し、的確に競り落とす感覚を身に着けることが現在の目標です。

-応募希望者へのメッセージをお願いします。

水産業界は競争も激しく、仕事の時間も早く忙しい業界だという認識があると思います。
確かにそれは間違いではないかもしれませんが、様々な魚種、普段目にしないような光景を目にするこの業界は非常に楽しいです。
この活気の中にいれば、やる気も元気も出てきて、いろんなことを乗り越えられると思います。
皆様と一緒に働ける日を心待ちにしております。